TOP > 歯の病気 > 知覚過敏
 

歯に穴が空いていないのに歯がしみる。冬だけでなく、夏でも冷たい物などを食べる時に強くしみるのが知覚過敏です。

歯冠部の歯の表面はエナメル質に覆われています。このエナメル質は外側からの刺激を遮断する役割を担っています。このエナメル質がなくなったり、歯周病や加齢で歯グキが下がってエナメル質がない歯根部分が露出したりすると、象牙細管という細い管を通じて歯髄が直接刺激されるようになります。これが、知覚過敏で歯がしみる原因です。
 
象牙質知覚過敏症、くさび状欠損 エナメル質がなくなり象牙質がむき出しの状態です  

明らかな虫歯などがないのに、冷たい水などの特定の刺激があると特定の歯がしみたり、痛みを感じることがあります。一時的なことが多く、しばらくすると治まります。
少ししみる程度のものから、電気が走るような刺激までさまざまです。ほとんどは、歯の根元の露出が原因ですが、歯の先端の磨耗や、精神的に敏感になっている場合などもあります。水がしみると感じたときには知覚過敏を疑う前に、きちんと歯医者さんでチェックしてもらってください。

虫歯や歯周病、咬み合せなどのしみる原因となるものがなかった場合、単なる知覚過敏と考えられます。でも神経質にならなくても知覚過敏でしみる歯がそのまま一生しみるままになってしまう事は少ないのです。
「去年のしみていた歯がいつの間にか気がつけばしみなくなった」。こんな経験したことはありませんか?これは歯の中の神経が自分の力で刺激を遮断するように、歯自身が自己修復する力があるからです。もっと短期間で治まるようにしたければ、知覚過敏の症状を和らげるための塗り薬を歯に塗ってもらえばよいとおもいます。

歯がしみなくなるようにするための最後の手段は、歯の中の神経を取ってしまうことです。こうすれば歯がしみることはなくなります。しかし、歯の神経は取ってしまうと脆くなったり、歯の色の変色の原因になってしまいます。

歯医者さんではどうしてもしみることが止まらない時の最後の手段として行ないます。
よく歯医者さんと相談して決めてください。
 
医院紹介歯のクイズ歯の病気症状チェック事業概要コラムサイトマップお問い合わせサイトポリシープライバシーポリシー